学校経営
○ 教育目標
(1) 心身の鍛錬と調和を図り、21世紀をたくましく生き抜く力の育成に努める。
(2) 全ての教育活動を通して、「純・剛・忍」の生徒像の涵養を目指す。
(3) 基礎学力を向上させ、積極的に探究する姿勢を身につけさせる。
(4) 進路目標達成を目指して、情報化・グローバル化社会に対応できる人材を育成する。
【目指す生徒像】
「純・剛・忍」の精神のもと、地域を学び、地域を愛し、地域に貢献する人間
○ 重点事項
(1) 基礎学力の定着と向上
① 授業の目標を明確にし、「分かる授業」を目指す。
② 授業中の規律をしっかり守らせる。
③ 発問を工夫し、生徒に考えさせる授業を目指す。
④ 授業研修を組織的に行い、授業力の向上を目指す。
⑤ 公開授業を積極的に行い、小・中学校の授業を積極的に参観するなど、連携を図る。
⑥ 授業以外での学習(家庭学習・放課後学習等)を習慣化させる。
⑦ 各種検定試験合格と資格取得を目指すことで、学習意欲を喚起する。
(2) ふるさと教育「かづの学」の推進
① 全ての教育活動を通して、ふるさと教育目標の達成を目指す。
②  「かづの学」を通して、疑問や課題を見つけ、追究する姿勢を養う。
③ 小・中学校や関係団体と相互の連携協力を図りながら進める。
(3) 特別活動の活性化
① 自主的・自発的に活動できる人材の育成に努め、生徒会活動の活性化を促進する。
② 部活動内での規律を明確にし、3年間継続して取り組む意欲を喚起する。
③ 学校行事を活力や創意あるものにする。
④ ボランティア活動などに意欲的に参加し、地域の活性化に貢献し、伝統文化の継承を目指す。
(4) 進路指導の充実
① 進路目標の達成に向け、教育活動全体でキャリア教育の充実を図る。
② 国公立大学及び特色ある大学への進学を推進する。
③ 進学第一志望達成と就職内定率100%を目指す。
(5) 生徒指導の充実
① 規律ある学校生活の確立を目指し、全職員が共通理解のもとに進める。
② 相互理解を重視した生活指導と心のケアに努め、不登校やいじめを防止する。
③ 特別な支援を要する教育に関する事例研究会や生徒指導研修会を推進する。
(6) PTAや地域との連携と教育活動の発信
① 地域の人材を活用した教育活動を図る。
② 地域に学校の教育活動を理解してもらう広報活動の充実に努める。
③ 様々な場面で、地域の小・中学校との連携を深める。