本文へスキップ

秋田県鹿角市十和田にある、秋田県立十和田高等学校

かづの学HEADLINE

今年度の発表会は12月19日(木)9:00から本校体育館を会場に実施します。

かづの学とは

  • 平成26年より,郷土の自然や文化,産業について学び,地域社会の抱える課題解決に主体的に取り組むとともに,ふるさとのよさを積極的に発信しようとする取り組み,「ふるさと教育かづの学」を行っている。研究の成果は,12月に実施する公開研究発表会で発表される。
  • 「ふるさと教育」目標

  1. ふるさとの素晴らしさの発見
  2. ふるさとへの愛着心の醸成
  3. ふるさとに生きる意欲の喚起
  4. ふるさとについて発信する力の育成

令和元年度かづの学の実施について

  1. 基礎領域・産業領域・文化領域の3つの領域からなる
  2. 基礎領域は研究の基礎となる鹿角の文化や産業等を広く学ぶもので、1年生が学年全体で学習する。
  3. 産業領域と文化領域は、いくつかの講座に分かれ、それぞれテーマを設けて研究を行う。2・3年生は、そのうちの1つの講座を選択し、学年を越えた研究グループを形成する。
  4. 教員は各領域、講座に分かれて指導を行う。基礎領域は4名程度、産業・文化領域は1講座に1ないし2名で担当する。

令和元年度基礎領域の計画

5月7日 1 オリエンテーション
5月28日 1 馬淵さんを招いての講話:「歴史」
6月11日 1 先人顕彰館見学:「人物」
7月9日 1 果樹センター職員を招いての講話:「農業」
8月27日 1 観光協会の方を招いての講話:「観光」
9月24日 1 グループ分けと研究テーマ設定
10月1日 1 グループ別研究開始:今後の方針と活動計画を定める
11月12日 2 十和田図書館で調査、外部講師を招くなど
11月19日 1 グループ別研究
11月26日 1 グループ別研究
12月10日 1 グループ別研究
12月17日 1 グループ別研究
12月18日 2 発表会準備・リハーサル
12月19日 6 発表
1月14日 1 まとめ

令和元年度の産業・文化領域の講座

各講座名から、令和元年9月現在の中間報告へリンクしますpdfファイルです

 No 講座名  概要 
 0 基礎講座
(1年生) 
 歴史、人物、農業、観光などを広く学び、考察して発表する
 1  鹿角地域に特徴的な動植物の生態について調査する  学校周辺や鹿角十和田地区に生息する動植物について調査し、地域特有の種の有無や、その種がこの地に見られる理由などを考えていく。 桃→  食害→
 2  鹿角の商業振興について  鹿角地区の商業について、現在の状況等を理解するとともに、課題解決や活性化(振興)に繋がるプランを考えていきたいと思います。
 3  鹿角地域のぶどう栽培について  鹿角地域におけるぶどう栽培の経緯と現況を理解し、他生産地と比較しながら今後の見通しを生産・販売(商品開発)・流通の観点から考察する。
 4  水産資源の活用法を探る!!  課題を自分たちで設定し、探究活動を通じて「ヒメマスをはじめとした様々な水産資源を、どのように利用したら地域活性化につながるか。」を考える。
 5 鹿角の土壌を調べる2  土壌のpHは、作物の育ちやすさと関係があることがわかっています。鹿角地域に適した作物のヒントになることを目指します。土壌採集、実験、表計算を使ってグラフ化して、発表能力も学びます。
 6  つるし雛 Part 2  昨年度初めて行ったつるし雛の続きの講座です。毛馬内地域でつるし雛の活動をされている方を講師に迎えて実際につるし雛を製作します。つるし雛の由来や歴史についても調べます。
 7  黒又山とストーンサークル  国の特別史跡で「北海道・北東北の縄文遺跡群」として世界遺産登録を目指している大湯環状列石(ストーンサークル)とそこから見える三角の山である黒又山には関係があるのか探る。
 8  十高演劇クラブ 鹿角地域に関係した物語を演劇で表現する。単に物語を知るだけでなく、その背景も理解し道具づくりやBGMの研究を通して、演技につなげていきたいと考えています。 
 9  文芸とわだ  ふるさと鹿角を題材に、短歌・俳句・詩などを詠みます。作った作品を各種コンクールに応募します。鹿角市出身の詩人、十田撓子さんからも指導していただく予定です。
 10 鹿角PR動画を作ろう!  鹿角の名所、名産、そして鹿角に住む人々。あふれる鹿角の魅力まとめた1本の動画を共に作成し、公開しませんか? 動画の内容や構成等のアイデアを出しあい、撮影と編集を通じて地域との交流を深めるとともに、鹿角の魅力を再発見しよう!
 11  かづののむかしの遊び  遊びってゲームばかりじゃない?! 今あらためて知ってもおもしろくって夢中になれちゃう、大人も子どもも楽しめるそんな素朴な昔遊びについて探ってみませんか?
 12  エプロンシアターの作成と実演  児童文化財として多くの子どもたちを楽しませるエプロンシアター。今回は鹿角の民話を題材にエプロンシアターを作成し、子どもたちの前で披露するところまで計画しています。

過去の業績